バンクイックの審査に落ちた、なぜ?

「バンクイック」は銀行カードローンのなかでも利用しやすい方ですが、消費者金融でのキャッシングに比べるとやはり審査は厳しくなります。

 

しかし、パートやアルバイト、派遣社員でも融資が受けられるという特徴がある人気のカードローンですが、それでも審査に落ちたと言う人がいます。

 

審査に通らなかった原因は、希望限度額や現在の借入状況などにありるようです。

 

バンクイックの審査で落とされるのは

虚偽の申告をしたことがばれた

申込時に虚偽の申告をしてバレた場合は審査で落とされます。

 

他社借入件数 や借入残高をごまかした

他社の借入件数や借入残高を少なく申告した場合は借入れできません。

 

信用情報に金融事故が記載されている

他社の利用状況で、延滞や債務整理、破産などをしたことがあると審査に通りません。バンクイックは審査の際に信用情報会社へ問い合わせします。

 

信用情報機関は、全国の金融会社が共有をしている情報システムの事で、他社での延滞や破産、債務整理の履歴等がすべて分かります。

 

仮審査に通って本審査で落とされる場合

チェック

「バンクイック」の審査は仮審査と本審査があり、仮審査に通ったとしても、本審査で落ちてしまう事があります。「バンクイック」は書類の提出前に仮審査が進められます。仮審査は申込み情報や、信用情報をもとに審査され、融資が可能かどうかが決まります。

 

仮審査に通り、必要書類の提出を受けると本審査が行われます。本審査では主に申込み情報と矛盾がないかどうかや勤務先への在籍確認が行われます。この段階で矛盾や虚偽が生じた場合、その段階で審査に落とされます。それを回避するために、提出前に申込書の記入ミスや記入漏れがないかもう一度チェックしてみましょう。

 

「バンクイック」の融資限度額は最大で500万円までの融資が可能です。しかし、誰もが500万円の融資が受けられる訳ではありません。借入限度額は、他社の利用状況や借入金額、収入のバランスを元にして限度額が決まります。

 

例えば、年収200万円の人が、500万円の借入を希望しても、返済が続けられないのは目に見えています。限度額は少なめに申込をして、徐々に実績を付けていけば、増額が出来るようになるので、その時に限度額を増やす事を考えましょう。