他社借入があっても大丈夫?

他社借入は?

カードローンの申込を「バンクイック」が初めてと言う人もいれば、既に他社での借り入れをしているという人もいます

 

他社借り入れがあると審査が不利になるというのは有名な話ですが、一概に悪いわけではありません

 

他社借入があれば審査にどう響く?

「バンクイック」は総量規制の対象外なので、年収制限に影響する事なく、多くは柔軟に審査となっていますが、他社借入れがないのに越したことはありません。

 

他社借入が有ることで少なからず、影響はあるでしょうが、他社借入れがあっても「バンクイック」なら借りられる可能性は消費者金融よりも大きくなります。

 

他社借入が有利になる事もある

他社の借入れがあっても、その点は柔軟に審査してくれる「バンクイック」ですが、借入残高額が多くなる程、返済は厳しくなるものです。「それでも返済はキチンとできる」と思ってもらうには信用度を上げるしかなく、信用度が上がれば審査に通りやすくなります。

 

「他社借り入れがないに越したことはない」のは当然ですが、逆に他社借入れがあることで信用が付く場合もあります。

 

他社借入れがあるということは、他社の借入を返済している実績があるという証明になります。

 

信用情報機関に他社から融資を受けているのに、個人情報に何も記載がないという事は、返済をキチンとする優良顧客だという証明になります。

 

ですから、他社借入れは、過去の返済実績を証明出来るので「信用できる顧客」として証明するのに最適です。初めて申込をした人は、実績もないので信用を証明することはできません。場合によっては他社借入れがある方が有利になることもあるのです。

 

借入件数も重要

ただ、他社借入れが返済困難になる可能性も高いのが現実なので、他社借入れが原因で審査落ちすることも多いのが事実です。特に、他社借入れ件数が多い人は要注意かもしれません。

 

たとえば、2社で100万借りている人と、4社で100万借りている人を比べた場合、2社で100万借りている人の方が信用が高くなります。というのも、同じ金額を2社と4社で比べた場合、融資限度額は2社の方が高くなり、4社で借りている人と比べると信用度が高いと判断されます。

 

他社借り入れ件数が2件程度ならば、他社で問題がない限り、比較的審査は通りやすいようです。