在籍確認は避けられる?

キャッシングの申込をすると、必ず在籍確認があります。在籍確認の方法は、勤め先に電話を掛けて確認する方法と、代替えとして書類の提出で済ませられるところもあります。

 

「バンククイック」の在籍確認の方法は、前者の電話による確認になります。

 

在籍確認は何のため?

「バンクイック」の審査でも必ず在籍確認があります。在籍確認をする理由は、申込者が申告した勤め先に勤務していて、毎月の給料をもらっているかを確認するためのものです。在席確認を書類審査で行うという消費者金融もありますが、正直なところ、ほとんどのキャッシング会社は電話での確認を行っています。

 

申告した勤務先で働いているのかどうかを確認できなければ、そもそも収入が本当にあるのかさえ分からないということになってしまいます。基本的に「バンクイック」を申し込みすれば、ほぼ在席確認はあると思っておきましょう。

 

バンクイックの在籍確認

バンクイック電話確認

 

「バンクイック」の場合、どうやら三菱東京UFJ銀行の行員が、個人名で電話をかけてくるようです。たとえば「お仕事中すみません。○○と申しますが□□さんを、お願いしたいのですが?」といった程度の電話です。

 

「消費者金融の名前ならいざしらず、銀行名がどうして駄目なの?」と思いますが、普段かかってくる事のない電話なら怪しむ人もいるようなので、個人名で連絡をくれるのは嬉しいサービスかもしれません。

 

絶対にやってくれるとは言えませんが、事前にUFJ銀行と、打ち合わせをしておくことで、こちらの都合に合わせてもらえる可能性もあります。ですから、自分に都合の良い日時を指定してするのも、よいかもしれません。

 

自分が電話に出られると思っている時間帯であっても、ちょっとした打ち合わせなどが入り、電話にで得られない事が有るかもしれません。そんな時は、周りの人に「クレジットカードを申込んだから、電話が入るかもしれない」と伝えておくのもひとつの解決策です。

 

在籍確認があればほぼ審査は合格

このように、ハラハラドキドキの在籍確認ですが、悪い事ばかりではありません。

 

在籍確認は審査のほぼ最終段階で行われ、在籍確認が終われば審査も終了となりますので、在籍確認の連絡が入るという事は、ほぼ審査に通る可能性が高いと考えられるので、安心して結果を待ちましょう。